パネライの本当の魅力

アウトドアスポーツやマリンスポーツを愛好する人たちの間でも定番

パネライパネライ-Panerai

創業はイタリアのフィレンツェに1860年に誕生して、創業者の名前がそのままブランドネームになりました。
時計の販売店だけではなく工房としての役割も担い、時には修理などを受けながら新しいモデルを開発してきたのです。
これは日本のメーカーの服部時計店・精工舎と同じ経緯であり、時計が必要とされた19世紀の末に創業したことも同様であります。
パネライは海軍向けの計測器などを作り海との縁が深かったために、防水や防塵などの性能に強いメーカーだと言われております。
同時に視認性を高める取り組みは創業当初より行われており、独自のラジウム塗料を開発して数々の特許を取り、時計に実装したことでも有名なのです。
これは照明に乏しかった時代でも、夜間視認性を高めると共に安全性に寄与した素晴らしい機能の1つでありました。
こうした画期的な発明をして技術的に海軍を支えたことが契機になり、有名な時計メーカーロレックス社の技術提供を受けて、海軍の潜水用時計を開発して大きな反響を受けたことを経緯にしてより防水性を重視した時計を開発する道へ進んでゆきます。
このような背景を知っていれば、文字盤ケースが大きいということはファッションではなく、ブランドの歴史と密接な関りがあるということが伝わるのです。
パネライはその後も数々の機能的な機構を積極的に自社製品に付与することを成功し、竜頭ガードや新しい発光素材の開発や、海軍への納入などイタリアを代表する時計ブランドへと成長してゆきました。
時計と言えばスイスが有名ですが、スイスのムーブメントを適宜扱いながら独自の路線を開拓し続けたパイオニアなのです。
時計に方位磁石を付けるアイデアや、服の上からでもバンドが出来る機構など他のメーカーよりも進んだユニークさを持っており、そのフレキシブルさも見逃せないポイントになります。
このような独自の技術は年々洗練されてゆき、より水圧に対して耐久性のあるモデルを生み出したり、激しい動きでも装着感が良いダイバーズウォッチを発売するなどタフで質実剛健な数々の製品は、軍関係者だけではなくアウトドアスポーツやマリンスポーツを愛好する人たちの間でも定番になり、それは現在でも続いているのです。

イタリアで誕生した高級腕時計ブランドアウトドアスポーツやマリンスポーツを愛好する人たちの間でも定番情熱と信頼性をかけている真摯な時計メーカー